スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタークラフト2(SC2)Zerg攻略

 KillingFloorにも飽きてきて、今はSC?というRTSをやっているのですが、RTSはほんとに忙しいゲームだと思い知らされます。SCはRTSの最高傑作と呼ばれる作品らしく、その続編であるSC?も同様に“RTSとしては最高レベル”の面白さなのだと思います。

 まぁ、でも最高傑作といわれるほど面白いとは思わないんですけどね。最善を求める部分が少なく、細かい操作やアンチユニットをすばやく行う技術が勝負を分けるようになるみたいです。操作量の比重が多く、戦略よりもむしろアクション性のほうが高いかもしれません。かといって、根源的な部分で戦略も疎かに出来ないので奥が深いゲームではあると思います。

 本当に操作が大事で、操作量に大きな差があると相手は内政と戦闘を同時にこなしているのに、自分は対処に追われて内政がボロボロ・・・という事になります。ハラスと呼ばれる撹乱の方法が豊富にあり、対処しないと防ぐことは難しいです。とにかくRTSは忙しいゲームだなぁーと思います。

 さて、SC?で使える種族は3種族しかいないのですが、私はその中でZergを使っています。Zergはすべてのユニットを同じ施設から建設できるので、受けの手が広くて陣地を守りやすいのがお気に入りでした。そのZergを使っていろいろ戦略を考えていたのですが、絶望がちらちら見えるので(対T、対Pで勝てない、対Zは嫌)Terranに変えようかなと思いました。

 そこで、とりあえずZergで100戦ぐらいした中で考えた戦略をまとめたいと思います。たぶんTerranを使い始めると記憶が薄れるので今のうちにZergについて書きます。ただ、ブロンズリーグにいる人間の考察ですから、もっといい記事を見つけているならそちらを参考にしてください。

▽最序盤の作戦(固定)最速スピードリング+セカンド建設

1、サプライ10までドローンを生産し、10体目のドローンを視察に出す。(対Zなら7体目のドローンを偵察に出す。6poolを発見したら10Poolで対抗する)

2、オーバーロードの生産を開始、そしてガスを建設を開始し、減ったサプライの分のドローンを生産。

3、サプライ13までドローンを生産、ミネラルが200溜まったら、Poolの建設を開始し、ドローンでガスを取得させる。

4、サプライ15でオーバーロードを生産。Poolの完成までずっとドローンを作成する。ガスを100取得した所でドローンにガスの取得を辞めさせ、ミネラルを取得させる。

5、Poolが完成したら、Zeaglingを2体生産し、視界の確保に向かわせる。1体は相手のセカンドの近く、もう一体はゼルナーガタワーに潜ませる。また、Speedlingの研究を開始し、Queenを生産する。

6、そのままドローンの生産を続け、サプライが21になったらセカンドを建設する。

6’、この時にもし相手が封鎖していない事がわかっている場合はドローンの生産をストップし、Zeaglingを生産する。Speedlingの研究が終わったら、相手の陣地に侵入し、相手の軍の脇をくぐって相手のワーカーを破壊してしまう。

▽最序盤の考え方→序盤への定石

 上のBOに従った場合、もし相手が封鎖していなかったら、Speedlingを使って敵のワーカーを壊滅させることが出来る。封鎖していたとしても即セカンドと比べて格段に内政が遅れるということもない無難な戦略。ブロンズリーグでは封鎖しないテランやプロトスがいることがあるのでおいしくいただける場合が結構ある。

 もし封鎖していたらZeaglingだけでは攻めきれない。攻めるとしたらBanelingを絡めて封鎖を打ち破ることになるが、成功率が低くリスクが大きい。そのため、セカンドの建設をして、隙あらばそのままドローンを生産してしまい資源差をつけることを目指す。

 最序盤で相手がプッシュしてくることは考えにくいので、セカンド建設までを固定化することでその後の展開にロスがない状態でつなげることが出来る。

▽序盤 ?ラッシュに備えつつドローンを作成

 序盤から相手の出方を窺いつつ生産を決めなくてはならなくなる。相手がラッシュされている時にドローンをの生産を予約するとたちまちGGになってしまう。相手の出方は大きく分けて3つあると考える。

 1、相手がラッシュの気配

 2、相手が即セカンドの気配

 3、よく分からない

 相手が極端なオーダーを組んでいる場合は偵察に出したドローンで察知することが出来る。

 1、相手のラッシュの気配を察知した場合。

 ワーカーの生産を抑えて、ガスの取得が遅く、BarracksやGateWayの建設が早い場合は初期ラッシュの可能性が高い。その場合、対Tであればベインリングネストを用意して、MMラッシュに対してベインリングを用意する。対Pであればスパインクローラー数本とザーグリングを用意する。撃退することが出来れば、内政面で優位にたつことができる。

 ガス2が極端に早い場合はAirユニットの登場を急いでいることが分かる。その場合はエヴォリューションチャンパーとLair進化を急ぎ、スポアクローラーとヒドラリスクデンの建設を準備する。場合によってはコラプターで迎撃するためにスパイアを建設する。

 2、相手の即セカンドの気配を察知した場合。

 偵察に出したドローンがワーカーの建設を急いでいることが分かった場合(BarracksやGateWayの数が少ない)は、ドローンを大量に生産してセカンドを一気に回してしまう。それと同時にLair進化とベインリングネストの建設を行っておき、余ったミネラルでオーバーロードも作ってしまう。セカンドが回ったら、ベインリングとザーグリングで相手の軍及びセカンドを破壊しに行く。(建物破壊のためには若干ザーグリングが多めのほうがいい)

 3、相手の出方がよく分からない時。

 相手が普通のBOで進めた場合、まったく相手がどう出るのか分からない場合が多いです。ひょっと知ったら即バンシーかも知れないし、4GWラッシュやMMラッシュかも知れないし、セカンド建設までまったりしているかもしれない。すべての場合に対応する方法はありません。特に4GWラッシュやMMラッシュを警戒しすぎ内政を遅らせた場合に、もし相手がまったりしていたら内政面で大きく遅れてしまいます。そうなると、ユニットの数で負けるZergは弱いのでその後のプッシュであっけなく終わってしまうかもしれません。その逆もしかり。

 すべてに対応することは出来ないので、その場合は危険を承知であえて攻める事を考える。情報がないとどうにも動けないので、相手を動かしてしまう。相手の封鎖を突破する方法は2つ。

 1、ベインリングラッシュ

 2、ミュータリングでのハラス

 どちらもコストが高いわりに脆く、防がれた時にかなりのリスクを背負う。MMや4GWに対してはベインリングが強く、バンシーやヴォイド・レイに対してはミュータリングが強い。

 これらの攻めだと効率が悪く、自分が傷つくことの方が多いが、引きこもっている相手の軍の情報を得ることが出来るので、アンチユニットをそろえることが出来る。アンチユニットを登場させれば、その後の戦いが多少楽になるだろう。そこで、自由に軍の編成を変えられるZergの強さが生きる。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

morus

Author:morus
現在、StarCraft2というゲームをプレイしています。1v1でダイアモンドリーグのザーグ使いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。